全ては感情からはじまる

実践家(EQ practitioner)三森朋宏のブログ

「女子高生7名過呼吸で搬送」の問題を感情の科学から考えてみた

遠足の女子7名が過呼吸で倒れた5月13日(日)に新橋駅のSL広場で起きた事件。
記事本文はこちら↓
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051101197&g=soc

起きたことに対する責任の所在は、言及せず、現象について感情の科学から考えてみました。

ポイントは2つです。

1つは「感情は伝播する」ということです。人は原始の時代から群れをつくり、肉食動物などの脅威に対応してきました。言葉を介さずに一瞬で群れに異常を知らせることが必要でした。ストレスを伴う強い感情がダイレクトに伝わる機能が備わったのでしょう。この機能は、いまも人の脳に備わっており、心理学の世界では「感情は伝播する」ことが通説となっています。近年脳科学の研究から運動野のブローカー野にミラーニューロンと言われる脳の機能があり、人の行動(身振り手振り、表情など)を自分の中に鏡のように作り出す。この機能は、サルなどの霊長類にも備わっている。今回のように強いストレスは、強いマイナス感情によって引き起こされ身体に生理現象として表れます。次々と女子高生が倒れたのは、感情が伝播したことで引き起こされたとのでしょう。大衆が一斉に恐れおののき逃げ惑うパニックもこうして起きます。

では、倒れなかった生徒もいたのは、何が違うのでしょうか?二つ目は、このことについてです。

2.自己認識力と調整力

みなさんは、ご自身の「今の感情」をどの程度はっきりと把握していますか?(How do you feel now ?)
穏やか?ほっこり?まったり?イライラ?ムカムカ?シクシク?ハラハラ?

今の自分の感情状態を把握する自己認識力が備わっているか?がレジリエンスの出発点となります。現在の状態が分からなければ調整のしようもないからです。今の感情状態が把握できていれば、周囲の人から伝播してきたことによって自分の感情が動かされたことに気づけるようになり、他者から伝わってきた感情を自分の感情と切り離すように調整できます。感情状態を把握し、調整する能力は感情知能(Emotional Intelligence, EQ)の一つです。この能力は後天的に開発が可能ですから、育つ環境などによって学習した可能性があります。

もう一つは、遺伝によるものです。遺伝によって敏感に他者から感情が伝播しやすい人とあまり影響を受けない人がいることが分かってきています。遺伝の影響による個人差はありますが、EQを後天的に開発することで、改善を図ることができると考えられます。

最後に、責任の所在の言及を避けたのには、大きく2つ理由があります。

1つは、学校を取り巻く社会全体における Social Emotional Skill(社会性と情緒的能力) の低下です。先生の告げたこともショックではあったとおもいますが、そもそも遅刻したのは、本人です。自己の責任を理解し、先生に言われたことを正しく解釈し、冷静に内省することが難しかったのだと思われます。スポーツ選手として考えた場合には、逆境をはね除けたり、乗り越えるレジリエンス(心的な抵抗力、回復力)が低いようにも思われます。自己の責任を問う社会性とレジリエンスという情緒的能力の低下を問うべきではないかと思います。

2つ目は、恐らくこの様なことになることは、先生も予測し得なかったであろうということです。先生一個人の問題ではなく、学校を取り巻く社会全体の問題として家庭教育のあり方を含めて考えるべきだと思います。

どうなる日本・・・最終章(解決の鍵)

三回に渡りEQデータ分析から、日本の課題を丸裸にする確認をしてきました。

最終章の今回は「課題解決の鍵」として2つの事例をご紹介!

 では、下記リンクより本文をお楽しみください。

http://6seconds.co.jp/eq-articles/magazine-20180515

 

 

どうなる日本・・・その3

日本人のEQデータ分析から見えてきた課題の第3弾!


EQグルーバルネットワークの感情知能EQの認定資格と企業研修のシックスセカンズジャパンhttp://6seconds.co.jp/

のメルマガから記事が発信されました。

好評頂いている3回シリーズの3回目の今回は、年代と職位、性別にみたEQの傾向についてです。

40~50代の管理職の課題、リーダーの不在、女性活躍と日本企業の課題が浮き彫りになっています。

本編はこちらから↓

http://6seconds.co.jp/eq-articles/magazine-20180507

 

 

どうなる日本・・・その2

日本人のEQデータ分析から見えてきた課題の第2弾!


EQグルーバルネットワークの感情知能EQの認定資格と企業研修のシックスセカンズジャパンhttp://6seconds.co.jp/

のメルマガから寄稿した記事が発信されました。

3回シリーズの2回目にして先週末の発刊から大反響のの今回は、人財の多様性についてです。

イノベーションには、ダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(融合)、それと不安を乗り越えてチャレンジするメンタリティが必要です。

EQの知見から導びき出されたブレイン・ブリーフ・プロファイル=脳の嗜好性(ものごとの捉え方のクセ)のデータから日本人の特にビジネスパーソンの多様性を考える結果が見えてきました。

EQデータ分析から見えてきた日本の課題(2) | EQコミュニティマガジン

 

 

どうなる日本・・・その1

日本人のEQデータ分析から見えてきた課題について
EQグルーバルネットワークの感情知能EQの認定資格と企業研修のシックスセカンズジャパンのメルマガから記事が発信されました。

EQはビジネスの成果を予測しますが、今回はデータ分析の結果から日本の課題が見えてきました。

先ずは概要からお届けです。

EQデータ分析から見えてきた日本の課題(1) | EQコミュニティマガジン

今回から3回シリーズです。最終回には衝撃の結果が・・・

EQとは?

いつも考えているのに、一言で表すのは難しい。
イメージに合う言葉を一つ一つ紡いでみました。 
 

「EQは、幸せな人生を引き寄せる意思決定のために、思考と感情を統合する能力です」

これが、今私が思う「EQとは?」です。

単に感情をコントロールすることでも、感情を表現することでもない。

人生は選択の連続です。意思決定には、感情(Emotion)の力が必要不可欠であることを脳科学、心理学、医学が明らかにしています。幸せを引き寄せるのは、その場、その時の自分の意思決定です。

思考に頼り分析し過ぎるあまり、意思決定のタイミングを逃してしてまったり、感情の趣くままに身を流していたのでは、思慮深さに欠け、取り返しのつかない失敗をしてしまうかもしれない。

思考と感情を統合し、自分にとって最善の意志決定をする、幸せを引き寄せる意志決定をする、それがEQです。

人が集まれば、「人の間」ができる。それが私たち人間です。人の間には、必ず「感情」がある。人間関係にも組織にも「感情」がついてまわる。

EQは、脳科学、心理学による理論に支えられ、豊富な実践によって人や組織に関係する課題を解決に導きます。

*:EQ = Emotional Intelligence Quotient、心の知能指数、感情知能指数、情動知能指数

EQや感情について学びたい方に近く開催されるセミナーを2つご紹介

E Q Café ~EQ入門講座~

ネガティブだっていい! ディズニー映画「インサイド・ヘッド」から感情を学ぶワークショップ | Peatix

熱量をはかる

ここでいう熱量は、物理的な熱量ではなく、
人の持つ熱意の量です。「本気度」とも言い換えられます。

とてもありがたいことに、最近、EQに関する問い合わせが社内外問わず増えています。

一方で、すべての案件に全力で取り組みたいのですが、私の特に時間というリソースは限られているので難しい。

そこで、私は相手の方の熱量にお応えするようにしています。

 

現在、関っているいくつかのプロジェクトは、相手の熱意を感じたからこそコミットしました。

逆の言い方をすれば、いくら上からの指示命令であっても熱量が無ければ、私も熱量を上げません。「上から言われて困っている」と泣きつかれるケースもありますが、これも熱量ではなく、むしろ凍りつくほど熱量は低いと感じることが多い。こうした話は、申し訳ないですが、お断りすることが多いです。

 

私の提供する価値…特にEQをベースにした個人と組織の生産性を上げるソリューションは、少なくとも日本国内においては、唯一無二で、ビジネスへのインパクトも含めて効果は実証済み。多くの企業や組織の抱える課題を解決に導けます。
私が価値提供した先の更にその先には、無尽蔵の価値が広がっていることを考えると、そう簡単に安売りは出来ません。

 

相手に熱意があり、本気でEQの導入を考えているが、どうしても今は出せる財布がない時は、その熱意にお応えして「本気割引き」をしています。

ポジティブ チェンジ メイカーとしては、熱意と本気に応えたいと思っています。

 

Emotion drive People … 感情が人を動かす。

そう!熱意が人を動かします。私はそのことを実践しています。

 

人は理屈では動かないが、理屈もないと動かない。感情と理屈が必要ということを最後に付け加えておきますね。