全ては感情からはじまる

実践家(EQ practitioner)三森朋宏のブログ

成長する人、幸せになる人の経験は何が違うのか?〜 Growrh theory 〜

成長する人、幸せになる人は何が違うのか?どういった経験をしているのか? 人は、壁にぶつかったとき…私の考えでは、壁というより「近道もなく、他に道のない崖や谷」に差し掛かったとき、何とかしようともがき苦しみ、苦悩の日々が始まる。そして、その苦…

日本だって負けてない!産学共同研究によるEQの学術論文

多忙になる新入社員研修の時期、一ヶ月ほどブログの更新が止まっていました。「そろそろ再開しないと」と思っていたところ、昨日のことになりますが、産学共同研究で提出していた論文が、学習分析学会に受理されたとの朗報が入りました。 第1巻(2017年7月…

看護・介護、もっと寄り添える医療現場は、実現可能か?

「参加して良かった。少し楽になれた。」そんな声が聞こえてくるのは、最近開催している「感情」に関するセミナー参加者の声です。その中の半数ほどは、他でもない看護や介護を中心とする医療スタッフ。「病気で苦しむ人を救いたい、元気にしたい」そんな思…

受験勉強以外の「学び」が必要な時代へ(部活動から得るもの)

友人から”ブラック部活”と称される近年の部活動の問題に関する記事を紹介頂きました。記事はこちら 部活動に「達成感」はいらない――“ブラック部活”問題の根本にあるもの (BEST TIMES) - Yahoo!ニュース 私自身の学生時代の経験と社会人になってか…

顧客満足(CS)の原点は「悲しみ」感情(悲しみを知るから優しくなれる)

「感情」という接点から私が尊敬する清水さん(微表情の専門家)のブログ記事 最近目にした気になる表情 - 微表情 をお借りして清水さんのブログにも書かれていますが、 「悲しみ」は、大切なもの「ひと、モノ、こと」を失った時に起きる感情です。 この眉を…

日常や常識に疑問を持つ

疑問その1「明るく元気」 よくみるアルバイト募集のコピー「明るく元気な方募集」明るかったら元気じゃない?元気だったら明るいんじゃない?腹痛が痛いと同じようなもので、タブってる気がするのは、私だけだろうか(笑) 仮に、このコピーで良いとして…明る…

「ポンコツ社員」あるある「プライドが高い」

「ポンコツさん」は、上司だけの話ではないですね。困った社員 =「ポンコツ社員」もいます。 「ポンコツさん(上司も社員も)」は、自己認識が低いことは、ブログに以前書きました。今回は例外をご紹介します。 その代表格として「やたらとプライドが高い。」…

抱負は、自分と未来を繋ぐガイド

みなさんは、年始や年度はじめに「抱負」を考えることは、ありますか? 私は、EQと出会ってから年始に考えています。年始からもう3ヶ月が過ぎていますが、新年度を迎えた4月です。新生活を迎えた方も多いと思いますので「抱負」について考えてみました。 抱…

ポンコツと自己認識(自分を成長させる最初の一歩)

ポンコツを脱し、自分を成長させる第一歩は「自己認識(Self-awareness)」です。 自動車はドライバーが異変に気づいたり、整備士やオーナーが点検してくれる。しかし、人は自分の点検は自分でするしかない。つまり自己認識とは自分の点検をすることです。点…

優れたリーダーになる!部下が育つ!(ポンコツから脱却)

あるベンチャー社長の話が非常に面白かった。 「人なんて育てられないし、変えられない」とその社長は言う。 その理由は、こうだ。 社長:「結婚してるよね?」 私:「はい」 社長:「なら解るだろうが、結婚するまでは、自分の奥さんには、 こうなってほしいと…

「ポンコツ上司」あるある「ES」

前回の記事で「ポンコツ(さん)」の定義をご理解頂いたところで、身近な「ポンコツ(さん)」の例をご紹介します。 今回ご紹介する「ポンコツ上司」あるあるは、「ES」です。 一般的に企業で「ES」と言えば、Employee Satisfaction(従業員満足)です。上司たるも…

無知ゆえの恐れが招く不幸

3.11東日本大震災の影響は、まだまだ残っている・・・ 先日、インターネットのニュースに流れた 「日本国民全員に読んでほしい!!!!「福島県民お断り」というタイトルの作文が、 SNSで大反響を呼ぶ・・・」http://brandnew-s.com/2017/02/02/fukushima/ …

「ポンコツ」とは・・・自動車に例えて

ポンコツ上司、ポンコツな同僚など「ポンコツ(さん)」の事例ばかり書いていると愚痴になってしまうので、追々書くとして・・・今回は、「ポンコツ論」における「ポンコツ」の定義を自動車に例えて説明します。一言で言うと「ポンコツ(さん)」とは、「メン…

ポンコツ論の原点「ポンコツ上司」は、ここだ!

期末や期首のイベントで頻発するのが、上層部への報告資料作りだ。 このイベント自体が非生産的で無駄だと思うのだが… この資料作りにおけるポンコツ上司の十八番が、「もっと解るように詳しく書け」だ。 これに対して、部下は「今、説明した通りです。」と…

ポンコツ上司・・・からはじまる「ポンコツ論」

どうしようもない上司や同僚に悩まされ、辛い経験をした人は、少なくないと思います。今まさにそんな状況だという人もいるかもしれませんね。 そんな経験を私もこれまでに何度か乗り越えてきました。 結果を出したにも関わらず低い評価にモチベーションを保…