全ては感情からはじまる

実践家(EQ practitioner)三森朋宏のブログ

続 本当の賢さとは何か (政治家不祥事の事例から)

先日のブログに「本当の賢さとは」という記事を書きました。
 
最近のニュースでいわゆるキャリア出身の政治家による騒動が取り上げられ、「本当の賢さとは」を考える上で、タイムリーな事例でしたので、取り上げることにしました。
 
豊田真由子の暴言暴行騒動
 
彼女のキャリアからすれば、お勉強ができたことは、言うまでもないでしょう。
では、彼女が本当に賢いと言えるのでしょうか?
彼女の行為は、物理的な暴力があったかどうか以前に、
パワハラ:議員ー秘書という関係において「死ね」の発言
セクハラ:女性から男性に向けられる「ハゲー」の発言
モラハラ:厳しいもの言いをして相手を追い込んでいる全体において
・・・自分のスタッフに対するいじめであり、精神的な暴力です。
 
報道されている録音を聞く限りでは、自分の感情を調整し、望ましい結果を得るように行動を選択しているとは思えません。
自分の感情が調整できず感情に理性が支配される状態を「情動のハイジャック」と言いますが、この豊田議員は、情動のハイジャックが起きている状態だと言えるでしょう。
記者会見の質疑応答の中で発せられた「なんであんなことをやってしまったんだろう」という発言にそれが現れています。
情動のハイジャックが起きないようにするためには、日常から自分の感情状態を弱いものから察知し適切に調整していく能力が必要です。
この感情を調整する能力は、ダライ・ラマのような高尚なチベット仏教徒などにみられる非常に優れた知能であることを脳科学の研究が明らかにしています。
感情の変化を早期に捉え調整する能力は、脳の高次機能ですが後天的に開発が可能であり、情動面の発達に大きな影響を与えます。
この豊田議員は、感情の調整に関する十分な能力開発の機会が与えらないまま歳を重ねてしまい、残念ながら情動面の発達が未熟なままになってしまったのでしょう。
 
余談ですが、この方に関して個人的には、このように情動面が未熟な方が国会議員であることは、日本の未来を考えると不安になります。また、そもそも「ハラスメントをする議員」が国会議員を続けるということは、「ハラスメントも謝れば許される」のようにもとれます。
 
また、事実はまだ明白とは言えませんが、山尾志桜里の不倫騒動
 
彼女も東大→検察官という輝かしいキャリアから政治の世界に入りましたが、結果を見すえて思考し、最良の結果を得るように自分自身を動機付けていると言えるでしょうか?
不倫がどうというより、注目される立場であることを考えれば、疑われるような行動を選択すること事態が問題とも考えられ、EQを発揮できているとは言い難いと思います。
 
これ以外にも神戸市議の相次ぐ不祥事・・・
 
EQとは、最善の意思決定のために、思考と感情を統合する能力です。
 
今政治家に必要なのは、EQの能力開発ではないかと強く思うこの頃です。
「政治家の不祥事を減らすEQセミナー」
各党の担当者の方、信頼される政治家育成のお手伝いします。早い者勝ちです!!
 
「本当の賢さとは何か?」本気で考えるときが来ています。