全ては感情からはじまる

感情活用研究家(EI実践家)三森朋宏が、アレコレ感じたことを感じるままにお伝えします

AI時代に求められる能力とは?

西暦2020年、ここ日本ではオリンピックイヤーのその年、AIによって第4次産業革命が起こると予測される中、人に求められる能力も大きく変わると言われています。

その中で、鍵となる能力はいったい何なのでしょうか?

ハーバード ビジネス レビュー(HBR) 2017年9月1日 の記事

「AI時代は「賢さ」の定義が完全に変わる」

www.dhbr.net

この中で、著者(エド・ヘス  バージニア大学ダーデン経営大学院の教授(経営管理))は、「これからの「賢さ」は、より高度な人間の思考と感情の関わりを促すことになる。・・・中略・・・これまで 心の知能指数(EQ)と関連づけられてきたスキルを磨くことに、より注力するだろう。」

と書いている。
心の知能指数 = EQ(学術的には、Emotional Intelligence = 情動知能)」は、1990年イェール大学のピーター・サロベイ博士(現学長)とニューハンプシャー大学のジョン・メイヤー博士によって提唱され、その後、脳科学分野へと基礎研究が進み裏付けが進んでいる理論です。日本では、まだ馴染みが少ないこの能力ですが、米国を中心に欧米ではMBAでも学ぶ、ビジネスパーソンの常識とも言える能力です。

また、World economic forum(世界経済フォーラム)によれば、2020年第4次産業革命において重要とされる10のスキルの内、約1/3が変わると予測しています(記事参照)。

www.weforum.org

そして変わるスキルの代表的なものとして6番目に重要とされる「Emotional Intelligence = EQ(心の知能指数」があります。

このように世界的には「Emotional Intelligence = EQ」が重要とされているのですが、一方で日本では「EQ」が広く知られるには至っておらず、日本のビジネスが世界に取り残される可能性を示唆する理由の一つになっています。

今後、ビジネスパーソンに求められる能力が変われば、当然それに応じて人事・人材育成戦略も大きく変わり、さらに、企業向け研修を生業とする講師に求められるスキルも変わります。

人事・人材育成担当者のみなさん、講師業のみなさん
AI時代、第4次産業革命に向けた情報やスキル習得などの備えは十分でしょうか?

今回、EQ実践家として世界最大級のEQネットワークであるシックスセカンズのフェローとして活動する中でEQの先端をいく米国から得られた最新情報近年注目が集まるGoogleの動向も含めこちらのイベント

「感情活用研究会 Feel For Life スタートアップ セミナー」
 2月4日(日) 午後 @清澄白河

でキーノートとしてお伝え致します。

感情活用研究会 Feel For Life では、来たるAI時代、第4次産業革命に備えみなさんと一緒に人だけが持つ感情の能力を活用していくことを研究していくメンバーを募集中です。現在100名を超える方に登録頂いています。

ぜひ、スタートアップセミナーに参加頂き、一緒にAI時代、第4次産業革命に備えていきましょう。