全ては感情からはじまる

感情活用研究家(EQ実践家)三森朋宏が、アレコレ感じたことを感じるままにお伝えします

熱量をはかる

ここでいう熱量は、物理的な熱量ではなく、
人の持つ熱意の量です。「本気度」とも言い換えられます。

とてもありがたいことに、最近、EQに関する問い合わせが社内外問わず増えています。

一方で、すべての案件に全力で取り組みたいのですが、私の特に時間というリソースは限られているので難しい。

そこで、私は相手の方の熱量にお応えするようにしています。

 

現在、関っているいくつかのプロジェクトは、相手の熱意を感じたからこそコミットしました。

逆の言い方をすれば、いくら上からの指示命令であっても熱量が無ければ、私も熱量を上げません。「上から言われて困っている」と泣きつかれるケースもありますが、これも熱量ではなく、むしろ凍りつくほど熱量は低いと感じることが多い。こうした話は、申し訳ないですが、お断りすることが多いです。

 

私の提供する価値…特にEQをベースにした個人と組織の生産性を上げるソリューションは、少なくとも日本国内においては、唯一無二で、ビジネスへのインパクトも含めて効果は実証済み。多くの企業や組織の抱える課題を解決に導けます。
私が価値提供した先の更にその先には、無尽蔵の価値が広がっていることを考えると、そう簡単に安売りは出来ません。

 

相手に熱意があり、本気でEQの導入を考えているが、どうしても今は出せる財布がない時は、その熱意にお応えして「本気割引き」をしています。

ポジティブ チェンジ メイカーとしては、熱意と本気に応えたいと思っています。

 

Emotion drive People … 感情が人を動かす。

そう!熱意が人を動かします。私はそのことを実践しています。

 

人は理屈では動かないが、理屈もないと動かない。感情と理屈が必要ということを最後に付け加えておきますね。