全ては感情からはじまる

感情活用研究家(EI実践家)三森朋宏が、アレコレ感じたことを感じるままにお伝えします

組織がハーモニーを奏でるとき

【ハモらない組織を楽しむ】

日本の多くの企業(組織)では、個性を圧し殺し、装い、繕い、お互いが本音を隠して組織の中にいます。客観的に見ていても、とても窮屈そうです。表情もなく、同じように振る舞う人が非常に多いです。
実際にある企業で研修を行った際、検証するためにアセスメントを用いてデータを採取したことがある。その時も顕著にそのことがデータに現れました。
用いたアセスメントは、脳の嗜好性を計るもので、ものごとの捉え方のクセ、コミュニケーションのクセを計るものです。クセは、習慣を変えたり、意識することで変えられます。また、お互いのクセを知り、クセに合わせて対応することで、コミュニケーションを円滑にできます。
 
この企業で行った研修は、若手リーダーを対象にしたもので、研修前のデータはブレインスタイルが8種中4種と少なく、ガーディアン(保守的な傾向)が約半数を占め、多様性に欠けることを示しています。(詳細は下記リンク、シックスセカンズのメルマガ参照)
研修では、自分のクセ(個性)を知り、他者のクセを知る。個性を否定するのではなく、お互いの個性を活かしながらコミュニケーションを活性化することを学び、個々の違いを理解します。
それから1.5カ月、人事・育成担当者の支援のもと個性を大事にするコミュニケーションを楽しみながら、活性化を図りました。
あとにご紹介するアカペラグループINSPiリーダー杉田さん のhamo-laboの言葉をお借りすると「ハモらない組織を楽しむ」のです。
結果や効果は、同じく下記リンク、シックスセカンズのメルマガでご確認頂けます。 

  

【立つ(Stand)からはじまる】

アカペラグループINSPiリーダーの杉田さんは、ハモるために必要な3つのSがあると言います。
Stand
Sing
See
です(下記リンク参照)。 
これは会社などの組織においても同じことが言えます。
 
Stand :
個が立つ、個性を大事にする、個々の違いを認める、自立することで、個々の能力が発揮される土壌が作られます。
Sing :
歌うように、本音や異なる意見を自由に、前向きに語り、建設的な議論がされる 
See :
共感力を活用し、周囲をよく見て調和を図る
 
先に上げた企業では、個が立ち、一人ひとりが個性豊かな本音(本当の音)を奏で始めたのです。それによってハーモニーが生まれ、 前向きな議論が 活発に行われるようになり、仕事もスピーディーに運ぶようになりました。
 
古い体質の日本企業の職場では、協調性を大事にしていますが、ハーモニーを奏でている訳ではなありません。個性を抑え統率を図っているのです。例えるなら、強制的にリコーダーで全員が「ド」を鳴らしている実につまらない音楽の授業のようです。
 
ある人は「ド」、ある人は「ミ」、ある人は「ソ」とそれぞれが違う音を奏でる。その音が調和したときハーモニーになる。 個性を発揮し、本音を奏で、周囲と一体となって調和する。
これが、チームや組織にも必要なことではないでしょうか。
 
これら一連の体験は、hamo-laboのワークショップで実際に経験することができます。
 

inspi-news.com

 

組織でハーモニーを奏でるには

1. ハモらない組織を楽しむ

個性を大事にし、個が立つようにしましょう。一見は不協和音のように見えますが、先ずは、その状態を楽しみましょう。

2. 本音を奏でる

メンバー全員が尊重され、本音で語れる場を作りましょう。その場を続けましょう。

3. 調和する

本音を語りながら、メンバーの本音に耳を傾けましょう。次第に自分の本音とメンバーの本音が一つになり調和が生まれます。

 

「個性を呼び覚まし、ハーモニーを奏でる組織を作る」これからの組織づくりの基盤となるものではないでしょうか。